全身脱毛情報の見出し
◆全身脱毛は各社が格安キャンペーン継続!人気ランキング
◆銀座カラーの全身脱毛が大幅に割引!詳細はこちら
◆ジェイエステの選べる全身脱毛も人気!詳細はこちら
◆脱毛ラボの月額990円の最安全身脱毛!詳細はこちら

月額制・払いきりの全身脱毛を比較

最近、大手の有名脱毛サロンが採用している「月額制」の全身脱毛。スマホの分割払いみたいに月々決まった金額を払いながら通えるプランですね。

 

お金を払う感覚だけでいえば、スポーツジムや月謝制の塾にも近い感じです。

 

このページではジェイエステティックやエピレ、ミュゼのような払いきりのパック制料金のサロン情報も載せていますので、月額制とどちらが有利か比較することもできます。

 

気になる値段もどこが最も安いかひと目でわかりますので、サロン選びのご参考にしていただければ幸いです。

 

マーキング用白背景

月額制サロンランキング

ランキング1位

キレイモ

へんな縛りがない月額制プランが安心!

キレイモ2016年10月のプラン

月額 初月0円(通常9,500円)
合計金額 114,000円(6回換算)
払い方 月額制
できる部位 33部位
返金保証 あり(回数パックプランのみ)
詳しい情報 キレイモ公式ページヘ
キレイモは2ヶ月から先はまったく期間の縛りがない自由な月額プラン!現在、他サロンから乗り換えると最大5万円の割引も実施中。他社より後発な分料金や部位で明らかに有利な面が多いです。特に顔がフルにできるのがいいですね。店舗は新宿店、渋谷店、池袋店、横浜店、大宮店などに加え、本年中に60店舗以上を全国に展開予定!スリムアップ効果もある独自システムなど魅力の多いサロンです。ワキやひざ下などをお試しで施術済みの方は対象部位から除き、料金を割引するカスタマイズプランもうれしいですね。当サイトからの申し込みも増えている注目サロンです。

ランキング2位

銀座カラー

全コース33%OFFで通い放題が激安に!

銀座カラー2016年10月のプラン

月額 2ヶ月目まで0円(通常6,800円)
合計金額 197,650円(回数無制限)
払い方 月額制
施術時間 1回60分
できる部位 22部位
詳しい情報 銀座カラー公式ページヘ
銀座カラーの回数無制限の月額脱毛プランがなんと33%もOFF!同じプランのシースリーより10万円近く安い破格のプランです。完全無期限に通い放題になる安心感は大きなメリット。もちろん従来の回数制プランも選べます。銀座カラーは「美肌潤美」というジェット噴射のオリジナル保湿マシンで脱毛後のケアも安心。また、ジェルのいらない新脱毛器は1回60分と施術も速く(シースリーの45分には負けますが)、痛みもほぼなし。照射する箇所が多い全身脱毛だけに、スピードアップはありがたいですね。7月からは元AKB48の川栄李奈さんがイメージキャラクターになりました。

ランキング3位

ラ・ヴォーグ

月額3,200円で55部位の全身脱毛!

ラ・ヴォーグ2016年11月のプラン

月額 4ヶ月目まで0円(通常3,200円)
合計金額 105,600円(6回換算)
払い方 月額制
施術時間 約60分
できる部位 55部位
詳しい情報 ラ・ヴォーグ公式ページへ
もともと九州や関西で人気となっていた脱毛サロン「ラ・ヴォーグ」が、今年になって関東方面にも進出。その売りは何といっても価格の安さ。2種類の脱毛機を備えており、月額料金の安い方では月3,200円と破格で全身脱毛が可能。ただし脱毛機の性能がやや劣るので、最新型の方を選ぶと月額8,800円になります(それでも安い方ですが)。シェービングを忘れると1回800円かかるのと、予約のキャンセルが3日前の13時までに伝えないと1回分消化扱いになるのがネック。最短で2週間に1回通えるスピードパックなら個人差はありますがかなり早く脱毛することが可能です。

ランキング4位

シースリー

契約期間中はリゾートホテルを使い放題!

シースリー2016年7月のプラン

月額 初月0円(通常7,500円)
合計金額 290,000円(回数無制限)
払い方 月額分割制
施術時間 1回45分
できる部位 53部位
返金保証 あり
特典 高級ホテル食事つき宿泊券
詳しい情報 シースリー公式ページヘ
これ、おそらく脱毛サロンの歴史上メガトン級のインパクトがある特典だと思います。なんと全身脱毛の契約期間中、自社で所有するリゾートホテル「C3Villa」がなんと無料で何回でも宿泊が可能(伊豆・軽井沢・湯沢・山中湖・房総)。契約時には2名まで食事つきの宿泊券をプレゼントというすごい内容。もちろん肝心の全身脱毛も月額7,500円と格安なうえ、有効期限なしなので納得がいくまで通うことができます。最新の脱毛器「C3-GTR」で全身を45分スピード脱毛。イメージキャラクターに桃さんを起用し知名度もあがっており、かなり注目のサロンです。

ランキング5位

脱毛ラボ

月額2,235円のハーフ全身脱毛登場!

脱毛ラボ2016年11月のプラン

月額 6ヶ月0円 (通常2,235円)
合計金額 119,760円(6回換算)
払い方 月額制
できる部位 24部位
返金保証 あり(パックプランのみ)
詳しい情報 脱毛ラボ公式ページヘ
全身24箇所を月額2,235円で通える新プラン登場!(ただし12ヶ月の継続が条件)月額定額制のパイオニアといえばこの脱毛ラボ。毎月決まった料金を払いながら確実に2回通えて、万が一の解約時にはそれまでの料金だけの支払いで済むので払いきりのサロンに比べて安心。また、通うペースが早いのも結果を急ぐ人にはうれしいですね。元モーニング娘。辻希美さん、高橋愛さんを起用した「脱毛娘。」から、にこるんこと藤田ニコルさんと加賀美セイラにバトンタッチ。脱毛ラボはもともと肌への負担は比較的少ない光脱毛の中でも、さらに痛みを抑えて肌にやさしい施術をしています。全店駅近にある店舗も魅力的ですね。

エタラビ

現在新規受付を停止中です

エタラビ2016年7月のプラン

月額 3ヶ月0円(通常9,500円)
合計金額 114,000円(6回換算)
払い方 月額制
できる部位 26部位
返金保証 あり
詳しい情報 エタラビ公式ページヘ
完全個室の落ち着いた上質なサロンで知られるエタラビ。全身脱毛月額プランは顔のコラーゲン脱毛がプラスされさらに魅力的になりました。ただし全身脱毛は月額制といっても最初に回数を決めて決められた期間(12ヶ月)で通うので銀座カラーと似たタイプ。スケジュール通りにきっちり進められそうな方ならムダがなくていいプランです。4月よりイメージを一新し、ますます人気の出そうなサロンですね。

 

払いきり制サロンランキング

ジェイエステ

ジェイエステティック

格安でお試しできるスタートプラン!

ジェイエステティック2016年10月のプラン

お試し料金 600円
合計金額 600円(お試し価格)
払い方 払いきり(クレカ、ローン有)
回数・部位 2回・任意
詳しい情報 ジェイエステ公式ページヘ
まずはお試しからという方に最適なのがジェイエステティックのこのプラン。格安料金で全身18部位から1箇所やりたい所を脱毛できます。本コースでもジェイエステは脱毛したい箇所を自由に選べるプランなので無駄なく施術することが可能。ここは脱毛だけでなくフェイシャルエステもやっているので、脱毛と美顔を組み合わせた独自のコースがあったり、ものすごく種類があります。料金も全体的に安く、回数がふえるほど割引率がアップするのでますます他社よりリーズナブルに。意外と店舗数が多く全国展開(現在104店舗)なので通いやすさも十分です。

リンリン

RINRIN

豊富な回数や手厚いサポートで人気!

リンリン

合計料金 58,000円
払い方 払いきり(クレカ、ローン有)
回数・部位 各4回・14部位
詳しい情報 リンリン公式ページヘ
全身脱毛の契約がなんと15万人を突破したリンリン。価格の安さではかなり競争力のある脱毛専門サロンです。ここは4回、8回、12回と3種類の回数が選べるのが特長。全身脱毛もかなりリーズナブル。首都圏に店舗が少ないのがネックですが通える人には相当魅力的なサロンだと思います。

エピレ

エピレ

24部位選べて脱毛できる全身プラン!

エピレ2016年10月のプラン

合計料金 176,000円
払い方 払いきり
回数 6回
詳しい情報 エピレ公式ページヘ
エピレの全身脱毛は範囲の大きいLパーツ、狭いSパーツそれぞれ12箇所(合計24箇所)を選べる全身トータルプランがあります。回数も1回から(1回だと70,000円)8回まで選ぶことが可能。さらに合計10部位のハーフプラン的なものもあります。他にも部分脱毛で選べる豊富なプランがいろいろ。

特典のすごさも見逃せないポイントかも

最近の各サロンの特典攻勢は目を見張るものがあります。

 

まあ必死になってくれればくれるほどこっちにはメリットしかないですし、逆にすごすぎてどこを選べばいいか迷ってしまう状態かもしれません。

 

しかも同じ光脱毛でそこまで劇的な差はないなら、逆に特典の豪華さで選ぶのもひとつの考えだと思います。

 

ですので以下では、各脱毛サロンの契約特典を比較してみました。

 

特にシースリーと銀座カラーは内容がかなりすごいので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

各サロンの特典

シースリー ■有名リゾートホテルペア宿泊券プレゼント

■自社所有のリゾートホテル無料で利用
■コスメ・マッサージアイテムプレゼント
■他サロンからの乗り換えで10,000円割引

銀座カラー ■最大7万円相当の美容アイテムプレゼント

■ハワイ旅行プレゼント(抽選)
■有名コーヒーショップのギフトカード1,000円分プレゼント
■他サロンからの乗り換えで20,000円割引
■友達と一緒の契約で最大40,000円割引

脱毛ラボ ■1回20,000円の全身エステパックが毎回無料サービス

■他サロンからの乗り換えで最大30,000円割引
■交通費キャッシュバック(10,000円まで・全身脱毛48箇所・選べる部分脱毛12箇所・選べる24箇所の各18回パックのみ)

キレイモ

■10万円分の旅行券プレゼント(抽選)

■他サロンからの乗り換えで最大50,000円割引
■最大67,900円安くなる学割プラン

エタラビ ■特になし
ジェイエステ ■特になし
エピレ ■特になし

 

「初月0円」「〜ヶ月0円」には注意!

月額プランのサロンで必ずといっていいほどあるセールス文が、「初月0円」「3ヶ月目まで0円」といったものです。

 

つまりプランを契約した最初の月や、しばらく通うまではお金がまったくかからない特典ということです。

 

しょっぱなに出費がないのは気分のいいものですが、そのサロンのコース体系をよく理解しないまま鵜呑みにするのはちょっと問題です。

 

特に銀座カラーやエタラビ(現在受け付け停止中ですが)などの、総額や回数が決まっているコースを単に月々払いにしているサロンは要注意!

 

こういうサロンだと、単に最初に払わない分のしわ寄せが後にくるだけなので、別に得をしてるワケじゃありません。

 

要は濃縮された後払いということ。

 

脱毛ラボもそうですが、月額制と謳っておいて「最低12ヶ月以上の契約が条件」などと期間を縛ってくる場合は、この最初が無料の意味はあまりないです。

 

これが意味を持つのは、キレイモのように完全な月額プランを提供しているサロンのみ(一応2ヶ月以上の条件はありますが、いくら何でもその期間で辞めたら冷やかしに近いので実質縛りなし)。

 

あくまで、通う回数をコチラ側で決められるサロンでこそ初月無料は恩恵を受けられるのです。

 

本サイトのランキング1位にキレイモがあるのも、料金そのものの安さだけでなく特典に巧妙な落とし穴がないのが理由です。

 

⇒キレイモのプラン詳細へ

 

全身脱毛は各社の「部位」をしっかり比べて選ぶべし!

 

全身脱毛、というと「全身ができるんだから、どこのエステを選んでも同じじゃないの?」と思ってしまいがちです。

 

ですが、各エステサロンの全身脱毛の対象部位を見てみると、意外と各社に特色があったりします。細かい部位の違いは、銀座カラーの記事の中で比較しているのでご参考ください。

 

中でも気を付けたほうがいいのは、「広告に書かれている部位数」です。これはどういうことかというと、各社で部位の区切り方がちがう部分があるんです。

 

たとえば、Aサロンはひじやひざで一箇所ずつのところが、Bサロンではひじ表、ひじ裏、ひざ表、ひざ裏など細かく分かれていたりします。すると、対象部位は同じはずなのに、Aでは2つの表記がBでは4つになって見かけ上多いように見えますよね。言い方はちょっと悪いですが水増ししているといっても過言ではありません。

 

あとは、首から上つまり顔の脱毛ができるところとできないところがあったりもします。

 

そこをあまり調べずに申し込んで、自分のやりたい所が対象箇所じゃなかったら洒落にならないですよね。たとえば値段が安いからとあるサロンを選んで希望箇所を追加したら、結局割高になってしまった・・・なんてことにも。

 

そうならないように、当サイトでじっくり比較してご自分にとってベストの選択をしていただければ・・・と思っています。

 

ネットに載ってない店舗限定プランも

 

どこの脱毛サロンに限らず、よくあるのが「店舗限定プラン」のキャンペーンです。

 

これは、お店においてあるチラシやポスターなどでしか分からない限定的な特典プランのことです。

 

たいていが期間限定になっており、正確な情報はサロンへ行ってみないとわかりません。

 

その内容の多くは正規料金より回数でお得になるパック特典だったり、友達紹介でもらえる特典がパワーアップしたりするものが多いですね。

 

どういう脱毛をしたいかによって特典内容が響くかどうかは人それぞれちがいはありますが、思わぬお宝プランを手に入れるチャンスなのは間違いないので、サロンへ行った時はしっかりチェックしておきましょう。

月額制脱毛のメリット・デメリット

考える美人女性

 

毎月数千円の定額料金でつづけられる月額制の全身脱毛。メリットおよびデメリットはどんな点があるのかまとめてみました。

 

メリット

計画が立てやすい

一度に手に入れるにはちょっと重い金額でも月額なら無理なくできる、というのは脱毛にかぎらず車、携帯電話、会員制サービスなどジャンルを問わず共通のメリット。さらに脱毛サロンの月額プランは頭金や金利、手数料がかからないのがうれしいですね。

 

途中でやめることもできる

これがローンやクレジットとの決定的な違いでしょうか。ローンなら途中でやめようが金額はかならず全額を払う必要がありますが、月額プランは有効期間は各社でことなりますが、途中でやめてもそれまでの支払いだけで済むということです。(例えば脱毛ラボは2ヶ月)たとえば銀座カラーは初月なら全額返金保証があったりします。

 

デメリット

慌ただしい

多くのサロンでは月額の場合月2回のペースで通うことになります。もちろん全身なので施術する場所も多く、時間がかかります。(約1時間くらい)時間をもてあましている方ならいいですが、仕事などで忙しい場合、月2回(つまり2週間ごと)まとまった時間を取られるのは結構きついのではないでしょうか。また生理中は施術してくれないので重ならないように配慮するのも骨が折れます。だから、比較的時間に余裕のある方向けのコースといえます。

 

気軽になる弊害

これはその人の性格による部分もありますが、気軽になる分、やめることへのハードルが低くなる面が考えられます。つまり、今までのように「これだけお金を払ったから何としてでもやらないと」という気持ちが薄れることですね。光脱毛は効果を感じるのに時間を要するので、最後まで根気よく通いつづけることが大切です。

 

メリット・デメリットとしてはこんな感じですが、くらべてみてもやはり有利な面が大きいですね。これまでよりずいぶん身近になることで需要が伸びていきそうです。

これで失敗しない!無料カウンセリング攻略法

カウンセリングの様子

 

どこの脱毛サロンに行ってもまず受けることになるのが「無料カウンセリング」初顔合わせの儀礼ですね。

 

カウンセリングは、いろいろと聞かれたり用紙に記入したりパソコンに入力したり、エステティシャン主導の流れで進み、こちらが受け身になってしまいがちですが、実はそうではありません。

 

サロンの雰囲気やエステティシャンの接客態度、備品はキレイで整頓されているか?などを実際に確かめて、本当にこのサロンで問題ないのか?を見定める重要な機会なのです。向こうが向けてくる目を超えて、しっかりと品定めをしておきましょう。

 

所詮カウンセリングなので、行ったからといって契約する必要はもちろんありません。気に入らなかったら帰ってくればいいのです(あまり繰り返したら時間の浪費になってしまうので程々に)。

 

少なくとも、本サイトに掲載しているサロンで、圧迫面接のような脅迫的なカウンセリング・勧誘をするようなところは間違いなくありません。

 

相手に高圧的な態度をする必要はありませんが、少し強気なくらいに構えていて丁度いいぐらいかと思います。

 

で!

 

無料カウンセリングに望む際に、心に留めておきたいことを以下にまとめました。これから通う方はぜひ参考にしてみてください。

 

自分の電話番号はギリギリ最後まで教えない

カウンセリング時に個人情報を記入する用紙にはたいてい電話番号(携帯番号)を記入する欄がありますが、契約前に番号を教えるのはできるだけ避けましょう。

 

検討段階でしつこい営業電話を受ければウザいことこの上ありません。理想は何も書かず空白ですが、今の時代に携帯すら持っていないのは不自然なので、簡単に使える技としては「わざと一文字間違えて記入しておく」ことです。

 

例えば、携帯番号の下4桁が「7969」だとしたら、わざと「7959」と書いておくのです。何桁も間違えるのは無理がありますが、一桁くらいなら後でもうっかり記入間違いと不可抗力を装えるからです。

 

もし、そこに通うことになっても「すいません、間違えてましたー」と後で一言伝えて訂正しておけば済む話です。

 

無料体験脱毛サービスがあるなら必ず受けておく

すべてのサロンがやっているわけではないのですが、カウンセリング時に1ショット(1回)だけ、お試しでフラッシュを当ててくれるところがあります。(これはキャンペーンプランのお試し脱毛とは別のもの)

 

たとえばジェイエステティックの以下のサービスです。

 

ジェイエステの体験脱毛

ジェエステティックの体験脱毛

 

これは当然お金もかかりませんし、可能ならぜひ受けておきましょう。いくら肌に負担の少ない光脱毛といえど、痛みの感じ方は個人差がありますし、万が一何らかのアレルギー反応が起きないとも限りません。

 

この手の体験脱毛は契約前に行われますが、受けたからといって契約する必要は当然ありませんし、堂々と利用すればOKです。

 

⇒ランキングトップへ戻る

押さえておきたい!脱毛Q&A

指でポイントを擦る女性

 

脱毛サロンのことやムダ毛のことなど、実際に脱毛サロン通いをはじめる前にこれだけは押さえておきたい!ということをまとめました。

 

まずはメディアや芸能人の影響もあり、脱毛の低年齢化がどんどん進む中、そもそも脱毛サロンに年齢制限があるのかどうか?についてです。

 

脱毛サロンって何歳から通えるの?

最近では、子供を脱毛サロンに通わせる親が増えています。子供向けプランのある脱毛サロンでは、親子割引やオトクなセットプランなどもあって通いやすい設定になっています。特に最近ではお洒落な小中学生の女子も増えてきています。

 

また子役タレントさんがバラエティー番組やドラマで大活躍なことも、子供たちのお洒落意識を向上させているかもしれません。

 

過敏になるほどムダ毛を気にする必要はないと思いますが、どうしても毛深い子などはみんなと同じようなノースリーブや可愛いいワンピースなどが着にくいと悩んでしまう子もいます。

 

また、いずれ脱毛を気にする年齢になって単独で通うのであれば、一緒に通ってお得に脱毛してしまおうというお母様たちも多いようです。実際、中学生くらいになると脇などのムダ毛が出てくる女子も増えてきます。手足などのムダ毛も気になるお年頃です。

 

カミソリで処理をして、傷つけてしまうことも多いとのこと。それであれば、子供専用の光脱毛があるのだから利用してしまった方が楽という考え方もアリですね。

 

さらに子供にやさしい脱毛も

脱毛サロンには、特に未成年の年齢制限がついています。低年齢でも受けることのできる脱毛サロンには、低年齢でも対応のできる光脱毛の機械を導入しているということになります。どうしても大人の肌に比べると子供の肌は薄いので、弱い光の照射でなくてはいけません。そういった意味で、年齢制限がついています。

 

ディオーネのハイパースキン脱毛は3歳から可能とのことです。そもそもハイパースキン脱毛は「子供でも脱毛できるように」と開発された由縁があります。完全無痛とのことです。特にアトピー肌や敏感肌・ニキビなどの肌トラブルを抱えていてもOKというディオーネは子供の脱毛には人気があります。

 

TBC系列のエピレのキッズ脱毛は7歳から可能とのことです。大手TBC独自の開発で、ほとんど痛みが無く効果もばっちりという口コミが多いです。脱毛ラボは12歳からです。ほとんど痛みがなく、たっぷり保湿をしてくれることで人気のサロンです。

 

全体的に価格がリーズナブルですので、複数箇所を検討している場合にはおすすめのサロンです。ジェイエステティックは15歳から、ミュゼは16歳からとのことです。

 

未成年での契約は手続きが違う?

未成年の脱毛サロンの契約には、親権者の同意書が必要になります。そもそも金銭に関わる契約ですので、未成年の契約は無効となってしまいます。

 

特に小中学生では、カウンセリング時に保護者の立ち会いや、施術前後に送迎が必要な場合もありますので、脱毛サロンへ細かく確認を取ることがトラブルを防ぐコツです。

 

同意書の提出のみでOKな場合も多い様です。また、お母様と子供が一緒に脱毛施術を受ける!というのが、セット割引なども適用されて人気があります。

 

ただし、子供の肌は大人よりも敏感ですので、体験やカウンセリング時にしっかりとお母様自身がお話を聞いて、トラブルの前兆の見極め方なども聞いておくと良いかもしれません。光の照射レベルはとても弱いので、あまりトラブルは多くはないようですが、どうしてもお肌の弱い子は光に負けてしまう場合もあるようです。

 

アフターケアなども子供まかせにしてしまうとトラブルの原因にもなりかねませんので、しっかりと一緒にケアをしてあげると良いかもしれません。

 

続いては、脱毛につきまとう「痛み」について。

 

いったいどれくらいの痛みがあるのでしょうか?

 

脱毛の痛みは脱毛方式によってちがう?

はい。脱毛の施術時の痛みは、脱毛器の機種によっても若干ことなりますが、もっとも違いがでるのは脱毛方式による部分です。

 

現在、サロンやクリニックなどいわゆる「プロに施術してもらう、機械を使う脱毛」には、大きく分けて2つのタイプがあります。

 

光(フラッシュ)脱毛

エステサロンや脱毛専門サロンで行われている脱毛方式は、ほぼすべてこの光脱毛になります。IPL(インテンスパルスライト)脱毛と呼ばれることもあります。

 

キセノンフラッシュランプという光源を使い、そこから波長の長い光が放射されます。

 

この光は黒色もしくは茶色に反応する性質があり、肌の奥、真皮にある毛根にあるメラニン色素に反応しダメージを与え脱毛できるという仕組みです。

 

ただし、光のエネルギー(出力:ジュールという単位で表します)が弱いため、細い毛やうぶ毛などの処理は苦手。

 

出力を上げ過ぎると火傷を起こす危険があるので、エステサロンの脱毛ではそこまで高出力の施術はできません。

 

レーザー脱毛

レーザー脱毛をわかりやすく言うと、フラッシュ脱毛の強力版です。

 

つまり、毛根のメラニン色素に光を当てて脱毛する仕組みは同じですが、そのエネルギーが強いためより脱毛効果が高くなります。

 

毛根に壊滅的なダメージを与えるので、しっかり施術すればいわゆる永久脱毛も可能。

 

レーザーの波長の違いにより、ダイオードレーザー、ロングパルスアレキサンドライトレーザーなどいくつかの種類があります。

 

光のエネルギーが強いレーザー脱毛は、フラッシュ脱毛では反応しにくいうぶ毛や色素の薄い毛でも効果的に脱毛することができます。

 

ただ、レーザーは毛根だけでなく肌全体に照射されるので、ただ出力が強いだけだと火傷を起こす危険があります。

 

そこで最新の機器はすぐれた冷却装置がついており、瞬間的に肌を冷やしながら施術できるので火傷のリスクは少ない上に確実な効果も得られます。

 

レーザー脱毛についてはこの記事でも細かく紹介しているのでよければご覧ください。

 

 

基本的に出力が高いほど痛みも強く

フラッシュにしてもレーザーにしても、瞬間的に毛根にエネルギーを当てて高温にする仕組みは同じなので、基本的に光の出力が強いほど痛みも強くなります。

 

また毛が太いとそれだけ受けるエネルギーも多くなるので痛みも伴います。

 

男性のヒゲや男女問わずIライン、Oラインなどの痛みが強いのは、太く濃い毛が密集しがちな部位だからです。

 

クリニックの場合は医療機関で麻酔が使えるので、肌に塗ることで痛みを和らげる麻酔クリームや、鼻から吸うことで麻酔できる笑気麻酔ガスなどがあります。

 

エステサロンは麻酔はできませんが、光の照射効率を高めたり肌を沈静化するジェルを使うサロンが多いですね。

■本サイトの概要まとめ

全身脱毛はここに来てかなり値ごろになって来ました。昔なら数十万円が当たり前でしたが、かなりリーズナブルがサロンが出てきています。中にはシースリーのような全身脱毛専門のサロンなんていうところもありますね。全身脱毛のエステで特に人気の高いのが銀座カラーと脱毛ラボです。

 

●この2つのサロンの決定的な違いはまず料金システム。銀座カラーは基本的に6回でいくら、という値段設定ですが、脱毛ラボは月額いくら、という定額制を取っています。月に定額料金を払えば、2回までは確実に通えるプランです。2回は通っても通わなくても同じ料金を払う必要があるので、確実に月2回いける人はいいですが、仕事などで忙しく予定が立てにくい人にはリスクの大きいプランです。反面銀座カラーはスタンダードな料金システムで、予約が毎回取れるかはわかりませんが通いやすいプランになっています。

 

●あと注意したいのは、全身といいながら、どのサロンも同じく全身の全てを脱毛してくれる訳ではないこと。各エステによって場所の決め方が若干ことなるので、全身のつもりが脱毛してくれないところがあった、なんて後で知って後悔しないよう事前にしっかり調べることが必要です。